エッセンシャルオイル(精油)の基礎知識・注意点

瓶からの1滴は0.05ml

精油を初めて使う人は
精油を出すために、瓶を逆さにして振って
しまうことがよくあります。

精油は、瓶を写真のように傾けると
ゆっくりと1滴ずつ落ちます。
(柑橘系の場合は、サラサラしていて
落ちるのが早いのでお気をつけください。)

穴の開いた透明の中キャップは
ドロッパーといい、小さな空気穴が見える
と思います。
なかなか精油が落ちてこない場合は
瓶を回して空気穴が上手く機能するよう
にしてみてください。

1滴は、0.05ml
(メーカーにより0.03mlの場合もあります)
なので20滴で1mlです。


精油を安全に使うための注意点

精油は、草花、樹木などの成分が凝縮されたものです。
大量の使用は、体に負担をかけるのでご注意ください。
精油は揮発性の芳香物質を含む有機化合物です。

油脂とは違う物質で、アルコールや油脂に溶ける性質を持っています。

・火気にご注意ください。

 

・原液は刺激が強いので特定の精油を除いては
(ラベンダー・ティートリーなど)直接肌につけたり、飲まないでください。

 

・3歳以下の乳幼児には、希釈したオイルであっても

肌につけることや入浴剤としてのご使用はお避けください。

 

・妊娠中の方は、使えない精油もあります。 
 お気をつけください。

 

・目に入らないよう注意。

 万一、目に入った場合は、水で洗い流し、目に入った精油を持って

眼科医で診てもらうことをお勧めいたします。

 

・原液を飲まない。
万一、飲んでしまったり口に入ってしまった場合には
吐き出さずに(器官を痛めることがあります)水で口内を洗い

医師にご相談ください。

 

・ご家庭の家具の塗装やプラスチックなど溶かす場合がございますので

万一垂れた場合には、すぐに拭きとってください。


取り扱い、保存方法

・開封した精油は1年を目安にお使いください。

・使用後は、しっかりとキャップを閉めて

 火気から遠ざけ、冷暗所で保管ください。

 

・特に柑橘系の精油は劣化が早いため、冷蔵庫での保管を
 お勧めいたします。


精油濃度の求め方

アロマスプレーなど作る際に「精油3%濃度」など
出てくると思いますが濃度の求め方は

全体量を80mlで作る場合

80(ml)×0.03(%)=2.4(精油2.4ml)

    2.4   ÷    0.05   =48
(2.4mlの精油は) (1滴0.05mlなので)

80mlで48滴必要になります。




全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】