アロマ・バスソルトの作り方

血行を良くしたり発汗作用がある天然塩と中和作用や発泡作用のある重曹とのスペシャルブレンドで疲労回復や冷え性の方にもお勧めです。

 

【材料】(約10回分・分量は適当でもかまいません)
・天然塩 250g
 (ロックソルトでなくてもスーパなどで手に入る
 天然塩でもOKです)
・重曹 250g
(ない場合はこの分量、塩を入れてください)
・精油 30~40滴(お好みの香り)


(写真のようにラベンダー色をつけたい場合)
・マロウブルー 適量

 ・クエン酸または、レモン汁

 

・混ぜ合わせるボウル。
・混ぜ合わせるスプーンやかくはん機など。
・保存する密閉容器。


 ※色をつけたい場合には、柑橘系精油の黄色、フラワーパウダーなどを用いたり、乾煎りした天然塩に濃く煮だしたハーブティーなど用いて色付けします。

※はちみつやスキムミルク、キャリアオイルなどをプラスすると保湿効果があります。
※重曹は身体のすみずみまで綺麗にしてくれるメリットがありますが人によっては(乾燥肌の方など)デメリットとして肌から余分な油脂を取り除き、乾燥させやすいので入浴後はすぐに保湿クリームやローションなどで保湿してください。


ポイントメモ 重曹(じゅうそう)
温泉の成分でもある弱アルカリ性の重曹は、中和作用、軟水作用、消臭作用、発泡作用など
あります。皮脂汚れを取り除いたり、疲労回復、デオドラントに役立ちます。
重曹は、薬用、食用、工業用とありますが食用か薬用をお使いください。
※アルカリアレルギーのある方は、重曹を使わず、塩に代えてお作りください。
重曹+クエン酸
重曹とクエン酸が混ざると発泡タイプの入浴剤同様にシュワーっと発泡します。
重曹とクエン酸、少量をそのまま手のひらに乗せて水を数滴垂らすだけでも発泡効果を実感できます。
発泡タイプのバスソルトを作りたい場合は、クエン酸も後からバスソルトを入れたボトルの中にプラスしてみましょう。

【作り方】
ー準備ー
合計で(単品でもOKです)30~40滴になるように
好きな香りを用意しておく。

1.ボウルに塩と重曹を入れて混ぜあわせる。
2.精油を均一に垂らしてゆき、まんべんなくかき混ぜる。
3.密閉容器に保存する。

(色をつけたい場合)
1.フライパンか耐熱容器に塩と重曹を入れ乾煎りまたは
 電子レンジで水分を飛ばします。
2.濃い目に煮だしたブルーマロウのハーブティーを1に注ぎ
 よく混ぜあわせ色を調節します。
3.自然乾燥させるかフライパンや電子レンジで水分を飛ばします。
4.粗熱がとれたところで、精油を入れ、均一になるよう
 よくかき混ぜて出来上がりです。

※香りの調整に慣れるまでは、一度に大量に作って出来上がりの香りがイマイチだった場合に使い切るのが大変です。
まずは、1回分の量から初めてみてはいかがでしょうか。

【1回分の分量】
・天然塩・重曹 各25g
・精油 3~4滴

マロウブルー
色付けする場合はハーブティーを濃い目に。
バスソルト作り方
色付けしない場合はそのまま精油を入れる。色付けする場合は色が落ち着いた後に精油を。
 ポイントメモ 色付け
マロウブルーの煮だす濃さやクエン酸を少量加えることで、グリーン色、ラベンダー色、赤紫色、ピンク色など様々な色が楽しめます。
その他、ハイビスカス、柑橘系の精油、カモミール・ジャーマン、カモミールティーなどでも様々な方法で色付けできます。

マロウブルー
マロウブルー
煮出す色によりこんなに色が違う。
煮出す色によりこんなに色が違う。
煮出す色によりこんなに色が違う。
煮出す色によりこんなに色が違う。

この色にクエン酸を微量入れると→
この色にクエン酸を微量入れると→
徐々に色が変化してゆく→
徐々に色が変化してゆく→
こんなにピンク色に。
こんなにピンク色に。

ブログのほうへマロウブルーの色が変化する様子の動画を載せています。
ぜひ、合わせてご覧ください。


【ブレンド例】
ラベンダー×マンダリン
ハーブと柑橘系の
スッキリ温かみのある香り。

イランイラン×グレープフルーツ
爽やかさの中に華やかな甘さのある
ラグジュアリーな香り。

ヒノキ×オレンジ・スイート

お馴染み檜と、温かみある柑橘系の
深く落ち着く香り。

ユーカリ・ラディアータ×ラベンダー
ユーカリのスーッとする爽快さと
ハーブの心地良いスッキリした香り。
呼吸器系の改善にも。

ティートリー×ペパーミント
森林の香りにペパーミントのスーッと
する心地よさ。
免疫力UPや風邪気味のときに。

 

ブレンドは、限りなくあります。
ぜひ、ご自身が心地よい、良い香り!
感じる香りを発見してみてください。

 

*************************************************

※ゆず湯で肌がピリピリした経験のある方や敏感肌の方は柑橘系の精油にご注意ください。

果皮を使う精油に入っているリモネンという成分は、リラックス効果はもちろん、抗ウィルス、抗菌、ガン予防、育毛などよい作用もありますが、肌がピリピリしたり痒くなったりする刺激があるかも知れません。

柑橘系の果皮から抽出したマンダリン、オレンジ、グレープフルーツなどの精油の代わりにマンダリンやオレンジの葉から抽出したプチグレンなどをお使いいただくとよいと思います。

***********************************************


全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】