私のアルコール依存症経過と治癒Vol.4

~まさかのスリップ!(再飲酒)~

自分が「アルコール依存症」だと自覚してからは

(前回書いた内容の時期よりずっと前なのですが)

お酒を止める気は満々で、根拠のない自信がありました。

(血液型O型だから?・笑)

なんとなく「やっとお酒から解放される。」という

安堵感があったのを覚えています。

 

ルンルン気分で、病院で知った各地にある自助グループに

通いだし、その自助グループの様子が分かってきて

知っている仲間も増えてきてからは

そこへ通うのが日課になりました。

その間、仲間たちから

「止めて3ヶ月が危ないよ。」

「半年が危ない。」

「1年が危ない。」

「2年が危ない。」

「3年でスリップ(再飲酒)する人が多い。」

などと、愛情込みの脅しをかけられながら

とんとん拍子に、3年断酒しました。

 

3年目に入った頃は

「1年止めたときには、自分がまともだと

思っていたけど、振り返ってみると

誰から見ても、落ち着きがなくて

あきらかに、まだ頭はおかしかったな~?(笑)」

とか

「2年目もやっぱりちょっと変だったかも

でも、3年経つとこんなに思考がクリアになって

正常な考え方や判断ができるものなんだ。

私はもう、このまま飲酒することは一生ないかな。」

と思っていました。

 

自助グループで3年のお祝いを仲間たちが

してくれて、これからも、しばらく自助グループから

離れずに、お酒には気をつけつつ

がんばろうと、毎日、自助グループへ

足を運んでいました。

3年間、お酒を飲んでいた時期とは

別世界の充実した毎日をそのまま

過ごしていました。

 

途中、うつ病時期に入り2週間程度寝こむことも

ありましたがうつ病に突入してしまうサイクルも

自分で分かっていたこともあり

うつ病には慣れていました。

 

変わらず、朝から晩、あるときは終電で帰るような

忙しいけど充実した毎日を過ごしていたのですが

なぜか、ある日、帰宅途中の自宅近くの

コンビニで、ウォッカかジンのポケット瓶を

買って飲んでしまったのです!!

 

この疲労感を少しでも緩和したい。」と

感じていたのは今でもよく覚えていますが

その時、自分がお酒を買って飲んだことは

当時でも記憶になく

気づいたら、翌朝目覚めたときに

部屋に、大きいウォッカの空瓶と

まだ封を開けていないジンの瓶があったのです。

しまった!」と思って、一瞬で目が覚めましたが

後の祭りだということもよく分かっていました。

この状況が「悪夢であって欲しい。」とも願いました。

じっくりと昨夜のことを思い出してみると

ポケット瓶の半分だけ飲んであとは捨てよう。

と思っていて、半分を計量カップに

(連続飲酒中はなぜか計量カップで飲んでいました・笑) 

注いで、ストレートで一気に飲み

ジワーーーーっと喉、食道、胃、全身へと伝わる

安堵感のようなものを感じながら

1本飲んで止めよう。

半分から1本に気が変わったのだけは

覚えていますが、それ以降は朝目が覚めるまで

記憶がありません。

大きい瓶をいつ買いにいったのか?

レシートを見て確認しました。

以前の連続飲酒で学んだことで

夜中によく記憶なしでお酒を買いに行くため

日付、時間が印刷してあるレシートだけは

記憶がないながらも必ず受け取るように

なっていました。

 

とにかく、あのポケット瓶半分のお酒の時点で

(実際は、買った時点、無理した時点だったのでしょう)

連続飲酒は無意識に決定されいたのでしょう。

もう、頭の中は(体も)お酒のことしか考えられなくて

慌てて、まだ封を切っていないジンがあと何時間もつか?

計算し、1週間飲んで引きこもるにはあと何本のお酒が

必要か割り出して、慌てて真昼間からお酒を買いに出かけました。

(配達してくれるネット販売では待てないんです

出来る限り買いだめできるようにカートを持って・・・(笑)

 

つづく

 

 

前回 ~地獄の離脱症状~へ

 

 

全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】