カモミール

3月から、カモミールが満開になり
4月の半ばの今でも盛況です。

 

このように、真ん中の黄色い部分が

盛り上がっているのが

カモミール・ジャーマンです。

 

みなさん、カモミール

「ジャーマン」「ローマン」

違いご存知でしょうか?

 

このカモミールはカモミールティーに使われるジャーマンです。

(ローマンは苦味があります)日本で昔から「カミツレ」と呼んでいるものも

ジャーマンのことです。カモミールティーは、りんごのような優しい香りが

しますが精油は同じ香りはしません。

 

真ん中の黄色い部分が突起していて花だけ香る一年草がジャーマン。

それに比べ真ん中が平たくて花も草も香る多年草がローマン。
見分けがつかない場合は花を縦にナイフで切ってみると

ジャーマンのほうには空洞がありローマンのほうはありません。
 

 

 

【精油について】


どちらにも、あらゆるストレス症状の改善が期待できどちらも胃腸によい働きを

してくれますがジャーマンの蒸溜するときにできて医療でも使われている

青色の成分カマズレンには抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。

ローマンには鎮静、抗うつ作用などがあります。

 

 

【カモミール・ローマン】

英名 Roman chamomile

学名 Anthemis nobilis

科名 キク科

原産国 ヨーロッパ南部、西部

抽出部 花

花抽出方法 水蒸気蒸留法

作用 抗炎、鎮痛、鎮静、抗うつ、抗けいれん、消化促進

胃腸の働きを助ける消毒、細胞成長促進、抗アレルギー作用などがあることから

不眠、頭痛、神経痛、便秘、胃痛、胃炎、消化不良、下痢、吐き気などによい

とされています。


【カモミール・ジャーマン】

英名 German chamomile

学名 Matricaria recutica

科名 キク科

原産国 ヨーロッパ、アジア北部

抽出部 花

抽出方法 水蒸気蒸留法

色が青いのが特徴

作用 鎮痛、鎮静、鎮痙、抗アレルギー、抗炎症、殺菌、細胞成長促進

胆汁分泌、解熱、白血球生成、癒傷作用などがあることから不眠症

頭痛、偏頭痛、歯痛、ウィルス感染、下痢、胃痛月経不順、月経痛

月経前症候群、リウマチなどによいとされています。

 

私はローマンもたまに嗅いでリラックスしていますが

よく使うのはジャーマンのほう。Chie特性美容液に必ず入ってます。

疲労で肌が疲れているときや花粉症のアレルギーでかゆみがあるときに

炎症を抑えてくれるので重宝しています。
カモミールティーもそのままでも、ミントをプラスしたりでも眠る前に

飲むのが好きです。
最近はスーパーなどでもティーバッグが売られているので

気軽に購入できますね。

みなさんも、ぜひお試しください。

全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】