~アルコール依存症とは~

アルコール依存症(アルコールいそんしょう/アルコールいぞんしょう

 

/英・alcoholdependency/alcoholism)とは

 

飲酒によって得られる精神的肉体的な薬理作用に強く囚われ

 

自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり

 

強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患です。

 

アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり

 

様々な事件や事故、問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったり

 

することがありアルコール依存症で飲酒した勢いでの自殺や事故も多くあります。

 

アルコール依存症と診断されたり

 

本人が気づいたりして本気で飲酒を

 

コントロールしようとしたり止めようと

 

思ってもなかなか止めることが

 

難しいことが特徴です。

 

同じお酒の問題を抱える人たちが

 

集って支えあう

 

自助グループ(AAや断酒会など)の

 

ミーティングが各地で開かれています。


 

全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】