~うつ病の経験で得たことは?~

私が長年のうつ病経験で得たものは・・・。

 

いくら処方薬を飲んでもうつ病は良くならないという

ことでした。

 

もちろん、処方箋薬とお酒との併用は最悪です。

それに、薬で良くなってきてもその薬をまた

減らす段階でバランスを崩してしまったり

 面倒です。

 

私は10代ですでに抗うつ薬の処方箋薬依存症になり

その後、海外にいたため7年間は服用しませんでしたが

日本へ戻り以前より酷い薬物依存症になり何度も死の淵に

立つことになりました。

 

私のうつ病が良くなったのは、全ての処方箋薬を止めてから徐々に自然な形で

良くなってゆき、うつ病自体を乗り越える力が身につきました。

 

そのようなことから

本来、うつ病はそれを乗り越える力を身につけることが大切なのだと

思うようになったのです。

 

しかし、パーソナリティー障害躁うつ病(双極性障害)の躁のときに

衝動的になった時のための頓服薬程度なら、必要な場合もあると思っています。

 

処方箋薬を全て止めて、その後どうやって乗り越えたかというと

自然に編み出された自分を解析する方法でした。

 

それが後に認知行動療法と同じだと知りました。

 

カウンセラーの仕事を始めてから、その認知行動療法を

クライエントさんにも伝えたいと思い

厚生省でも認可されている認知行動療法などを

青山ココロコートで学びました。

 

 

うつ病には認知行動療法がとても有効です!!

 


 

 

全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】