私のアルコール依存症の経過と治癒Vol.2

~その後の長い道のり~

3年断酒が続いいた後すぐに、うっかりというか疲労を

なんとかしたいという思いから、気づいたらコンビニで

ウォッカの小瓶を買って、瓶の半分だけ飲んで止めて

残りは捨てようと考えていました。

 

ストレートの刺激が喉から食道、胃に伝わり、肩の荷が下りたように

気分が軽くなり、リラックスしました。

と同時に、一気に飲んだときに

自分が再飲酒したことに気づいて慌てましたが

 

もう頭の中は「お酒が足りるかどうか?」しかありませんでした。

 

恐ろしいですね。同じ人間の思考とは思えません。

でも本当なのです。これがアルコール依存症なのです。

 

早速、とりあえず持てるだけの瓶をコンビニで買い占め

早足で家へ帰り、カーテンを閉めてその後、数日間か数週間の

飲酒生活ことを考えて、掃除、洗濯をし、完全に飲み始めました。

泥酔して数時間で起きては飲み、泥酔して起きては飲みの繰り返し。

初め数日間はちゃんとお風呂にも入ったり掃除もしたり

出来ていましたが次第にそれも出来なくなってきて

胃もお酒を受け付けなくなるのですが、そうなると吐いては飲み

吐いては飲みの繰り返し。

もうこうなってしまうと、ソルマックなどの液体胃薬も吐いてしまって

受け付けませんがどうしてもお酒を体に入れたいのです。

 

終いには、ベッドの横に嘔吐用のバケツとお酒を置いて

飲み吐きをしていましたが、飲めない時間が長いと離脱症状に

入ってしまい、手や肩、全身が震えて、お酒をコップに注ぐことが

できず、とりあえず一口でも飲むために、平たいお皿にお酒を

こぼして、それに舌を浸して少しでも体が吸収して震えが

楽になったら、コップや瓶のまま飲んだりしていました。

そして、お酒の在庫を切らしてしまうこともありそうなると家中何か

アルコールの入っているものなど探し始めるのですが

 (その労力あるなら買いに行けばよかったと今思いますが・笑) 

みなさん、料理酒って飲んだことありますか?酔えないくせに塩が

凝縮された感じで気持ち悪くなるんです。

よく聞く話で、女性は化粧水など、男性はシェービングローションに

少量のエタノールが入っているので、飲んだ話など聞いたことが

ありますが、私は、アロマでエタノールを使うので家にいつでもあり

エタノールをハードリカー同様、原液で飲もうと思いましたが

さすがに怖くなり、薄めて恐る恐る飲んだことがあります。

ただ気分が悪くなっただけで酔えませんでしたが・・・。

 

こうして精神的にも肉体的にも相当弱って心臓も悲鳴を

あげているのか息をするのもやっとになったところで

お酒を切る気持になるのですがその後の離脱症状は

正に地獄なのでした。

 

つづく・・・

全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】