私の摂食障害 経過と治癒 Vol.2 

~もう食べ吐きが止まらない!~

毎日吐いていいるうちに、吐くことが上手くなりしょっちゅう逆流

 

している食道の弁も開け閉め自由自在に。

 

次第に、吐いては食べる吐いては食べるで身動きとれなくなって

 

しまう毎日に。

 

24時間以上食べ吐きを繰り返しキッチンで

 

倒れこんで寝てしまい起きては

 

また食べて吐くいう時期もありました。

 

食道や胃が傷んで吐血することも

 

しばしば(>_<)

 

一緒に住んでいる家族の視線も気になるし、すっごく気を使って

 

神経も擦り切れ状態。

 

バイト代は全部食べ物に消えました。

 

高校は出席日数が足りず中退するに至りました。

 

死ぬほどきつい思いをしても1日に1キロ以上減ることはなく

 

今の体重をキープするに留まり、なんとか働けるときには夜のバイトを

 

したりしていましたが焦燥感の中で辛い日々を生きていました。


 体重28キロを切ると、脳細胞が死に元に戻らず障害が出ると周りから

 

聞いていたのでギリギリの28キロをキープし続ける毎日。

 

人生の中で優先順位1位が「骨と皮に痩せること」であり、化粧品や

 

ボディクリームさえ油分の入っているものは皮膚から脂肪が吸収する

 

恐怖におののき使えませんでした。

 

他にも家族問題などいろいろあり、20歳のときに家出をするために

 

LAに渡るのですがその飛行機に乗る前でさえ、空港のトイレで

 

吐いていました。

 

続きへ⇨ 私の摂食障害 経過と治癒 Vol.3 ~初めて自分を生きる~


全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】