~認知行動療法とは~

認知行動療法とは

「認知(認識や思考など)」の歪みを修正し「行動」を改善してゆく
精神「療法」
のことです。 

英語では、Cognitive behavioral therapy。CBTともいいます。

 

今までの誤った認識や陥りがちな思考パターンに気づいて修正することで

様々な問題を改善できます。

1970 年代に米国の Aaron T Beck がうつ病に対する精神療法として開発しました。

 特に、うつ病、パニック障害、PTSD(心的外傷ストレス障害)、不安障害(強迫

神経障害など)、摂食障害、アルコール依存症、薬物依存症その他、様々な精神疾患に

効果が期待できます。

また、精神疾患以外でも、日常のストレス対処、夫婦問題、司法や教育場面の

問題などその適用範囲は広がりを見せています。 

その高い効果が実証されていて厚生省でも認められ
健康保険適用
にもなっているものの診療報酬が

少ないという理由などから実際に保険診療してくれる

医療機関が少ないと言われています。

 長年培ってきた固定観念(こうあるべきだと考え

他のものは受け入れようとしない思考)や自動思考

(無意識に浮かぶ考え)などにアプローチして

改善してゆくため時間をかけて気づいて納得して

受け入れられるまで急がずにゆっくりと修正改善する

ことが勧められています。 

~認知行動療法 プラン~

このプランでは、気づきを得ながら、認知(思考)の歪みを修正してゆきます。

厚生省では、16回が推奨されております。
カウンセリング1回~3回程度で悩みは解消でき終了になることもあれば
6回、10数回、16回後も定期的に続けられる方もいらっしゃいます。

ゆっくりじっくりマイペースで取り組みたい方や長年培ってきた思考の修正に時間が

かかる場合は、定期カウンセリングを受けられることをお勧めいたします。

 回数を重ねたい方のために、お得な回数券もご用意しております。

尚、回数や頻度を決めるのはクライエント様なのでご安心ください。

おひとりで悩まず、一緒に取り組んでゆきましょう!!

                      ご利用料金のご案内、お申込みはこちらから。

 

横浜カウンセリング 東京カウンセリング 依存症カウンセリング アルコール依存症
摂食障害 薬物依存症 うつ病 悩みカウンセリング 悩みカウンセリング

女性カウンセラー 横浜女性カウンセラー 東京女性カウンセラー 病気カウンセリング

死にたいカウンセリング 辛い悩みカウンセリング

横浜カウンセリング 東京カウンセリング 依存症カウンセリング アルコール依存症
摂食障害 薬物依存症 うつ病 悩みカウンセリング 悩みカウンセリング

女性カウンセラー 横浜女性カウンセラー 東京女性カウンセラー 病気カウンセリング

死にたいカウンセリング 辛い悩みカウンセリング

横浜カウンセリング 東京カウンセリング 依存症カウンセリング アルコール依存症
摂食障害 薬物依存症 うつ病 悩みカウンセリング 悩みカウンセリング

女性カウンセラー 横浜女性カウンセラー 東京女性カウンセラー 病気カウンセリング

死にたいカウンセリング 辛い悩みカウンセリング

横浜カウンセリング 東京カウンセリング 依存症カウンセリング アルコール依存症
摂食障害 薬物依存症 うつ病 悩みカウンセリング 悩みカウンセリング

女性カウンセラー 横浜女性カウンセラー 東京女性カウンセラー 病気カウンセリング

死にたいカウンセリング 辛い悩みカウンセリング

全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】